本年度も歌舞伎座木挽町広場で催事をしています(4/1〜4/30まで)
歌舞伎座には、大阪伝産協として平成27年
6月がデビューでした。その後、同年、11月
にも出展いたしました。今年も4月の1日〜
30日まで出展しています。お近くに来られた
ら是非お立ち寄りください。出店している商品
すべて一点ものばかりです。
今回は、幟も新調し、いかにお客様の目に
留まる努力をいたしました。今回の出展者、
「草木染やまぐち」、「藤村とんぼ玉」「なにわ
べっ甲(エスプリマ)」さんです。
これはとぼ玉です。とんぼ玉といえば
ご存知の方もいると
思います。中には、
実際に体験された方もおられると思いま
す。皆さんが見た。作った玉とこの玉との
違いは、玉の色合いです。クリスタルガラ
スに顔料を練りこんで作っています・
また、ガスや灯油バーナーではなく、
炭火で作っています。すべておなじも
のはありません。
これらの商品すべての色合いは木で
染められています。工房近くにある
四季の草花や木から染められています。
そざいの布地も出展者がこだわりを持
って選別しています。奈良長谷寺近く
にもお店を出しています。今回は昨年
に続いて2回目の出店です。
今回初めの出店です。大阪の伝統的工芸品
である「なにわべっ甲」は、昔から、長崎、江
戸、そして大阪の名品です。なかでもなにわ
べっ甲の特色は、透かし彫りという技法です。
べっ甲は、玳瑁(タイマイ)といわれるウミガ
メの甲羅で作ります。甲羅を熱で張り合わせ
て行くことで複雑な色合いが出てきます
。ぜひ、ご覧ください。


























































Copyright(C)2016-大阪伝統工芸品産業振興協議会 All right reserved.