さかい うち は もの
堺打刃物


【沿革・特徴】
 堺打刃物の発展のルーツは、タバコの葉を切り刻むタバコ包丁が16世紀の天正年間に堺で作られるようにな
り、戦国時代の鉄砲鍛治の技術もあって、これがそれまで使われていた輸入品よりも品質が良かったため、江戸
幕府から専売品として「堺極」の刻印を打たれ、全国各地に販売されました。

 その後、17世紀末の元禄年間に出刃包丁が堺で作られはじめました。これが堺の包丁の始まりと言われてい
ます。

 堺打刃物は、伝統的な火造り、刃付け、研ぎの手法を完全な分業体制によって作られており、そのすばらしい
切れ味からも多くのプロの料理人の間で絶大な信頼と支持を得ています
指定年月日

昭和5735
平成19105日(地域団体商標)