な に わ べ っ こう
なにわベッ甲


【沿革・特徴】
 ベッ甲が日本で作られるようになったのは、江戸初期に中国の技法が長崎出島に伝来し、やがて大阪から江戸
にまで伝わったといわれています。

 元禄時代の町人文化の開花とともに様々な豪華な髪形が結われるようになり、これに使われる簪、櫛等をはじ
め身の回り品にベッ甲細工が盛んに使用され、彫刻、蒔絵、金銀象嵌等の複雑な技法が発達しました。

 現在、ベッ甲細工は大阪、東京、長崎が三大産地であり、大阪ではすかし彫り等の優れた彫刻技法により、ブ
ローチ等のアクセサリーを中心に製作しています。
【指定年月日】
昭和6125