すげ ざい く
菅細工


【沿革・特徴】

 約2000年前、深江地区(大阪市東成区)に繁茂する良質の菅を求めて大和から移住し、笠などの細工物を作
ったのが始まりと言われています。

 近世になって、お伊勢参りの道中安全を祈って菅笠を買い求める習慣があり、当時は相当繁栄していました。
 現在は、各種の菅細工のほか、伊勢神宮式年遷宮御料の御笠を作っています。

【主な産地】

大阪市